ホンダ CBR125Rのレビュー/口コミ/インプレ/新車/価格【ユーザーレポート】

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

ホンダ CBR125Rのレビュー/口コミ/インプレ/新車/価格【ユーザーレポート】

読了までの目安時間:約 8分

 


スポンサードリンク

ホンダ CBR125Rのレビュー/口コミ/インプレ/新車/価格【ユーザーレポート】

バイク用語辞典管理者 オススメ

今日はホンダ CBR125Rを愛車にしている「もっちーさん」にCBR125Rの愛車インプレッションを聞くことができました。

CBR125Rをなぜ購入したのか?その購入の理由や動機は?新車・中古車?どのくらいの値段、購入価格だったのか?長所は?短所は?

CBR125Rはどのくらいの燃費なのか?

このバイクの購入を考えている方も気になるレビュー、インプレッションではないでしょうか!

それでは行ってみましょう!

お名前・性別・ご年齢を教えてください。
もっちーです。男・39歳です。
愛車を教えて下さい。
ホンダ HONDA CBR125Rの2013年式です。
購入はどちらで購入年度はいつですか。
2015年に「近くのバイク屋さん」で購入をしました。
新車ですか、中古車ですか?また購入はおいくらで、購入方法は現金orローンですか?
ローン、新車乗り出し34万円です。
CBR125Rを購入した理由や動機を教えてください。

CBR125Rに乗り換える前には650ccの大型バイクに乗っていたが、車検が近づいていたこととタイヤ交換が必要になっていたことで費用が掛かるため、いっそ買い換えようと考え始めた。

しかし転職したばかりで収入もそれほどなかったため購入予算もそれほど確保できずに迷っていたが、買取専門店で査定してもらったところ23万円程になり、たまたまネットでお手ごろ価格のバイクを探していたらCBR125Rが目に留まった。

原付2種のため任意保険もファミリーバイク特約が使えるし、維持費も安く済むため興味が高まってきた。スタイリングも原付2種とは思えない程大柄でかっこよく、バイク屋で試乗したところ思った以上に走るし車体も軽く取り回しもよかったので購入しようと決断した。

スポンサードリンク

CBR125Rの長所を教えて下さい。

CBR125Rは何といっても燃費が良いところ。40km/l以上走り、タンク容量も大きいため1回の給油で500km以上走行できツーリングでガス欠の心配が全くない上、財布にとても優しい。

車体が軽いため取り回しが非常に楽。たとえ道に迷って狭い路地に入り込んでしまっても方向転換して引き返すのが苦にならない。

片足でも十分支えられるため立ちゴケの心配も少ない。

走行性能も高い。原付2種だが一般道では先頭を引っ張っていけるだけの動力性能は十分持ち合わせており、煽られたりすることもない。

CBR125Rの短所を教えて下さい。

タイヤが細い。見た目の問題になってくるが、どうしても動力性能に合わせたタイヤサイズになってしまい細くて、後ろから見た時に少し貧相に感じる。

坂道ではやっぱり非力。原付2種のために絶対的な動力性能はやはり低い。長い坂道や急な坂道ではパワーバンドが維持できずに徐々に減速していってしまう。ギアを下げれば登っていくもののスピードの維持は難しい。

アフターパーツが少ない。どちらかというとマイナーな車種になるため社外パーツはあまり出ていない。バイクをいじることをあまりしない私のような人間は困らないが、カスタマイズしたい人には物足りないかもしれない。

CBR125Rの平均燃費はどのくらいですか?
平均40km/L程度です。
CBR125Rから買い換える予定はありますか?

いいえ、今のところはありませんが、ただカワサキNinja400は気になります。

250ccと同サイズの車体に400ccのエンジンを積んでおり非常に動力性能が高いと思われる。250ccの取り回しの良さと400ccの動力性能の組み合わせはとても魅力的である。

自分自身初めて買ったバイクがNinja250Rだったこともありこのシリーズはモデルチェンジをする度に気にかかっていた。

カワサキのイメージも男臭くて好きだ。フルカウルモデルが好きという事もあり今回の新型も非常にかっこいいと思っている。

250ccとの差別化があまりないのが少し残念ではあるが羊の皮をかぶったオオカミということを考えればそれもまた魅力的だ。

CBR125Rで行った一番の思い出はありますか。

原付2種のために高速道路を走れないので遠方ツーリングはできていないが、丸1日かけて長野県の駒ヶ根までソースカツ丼を食べに行ったのが一番の思い出である。

ちなみに友達と一緒に2台で行ったのだが、友達は80ccにボアアップしたゴリラである。車体が大きいCBR125Rは少々遠出しても疲れにくいが友達は大変だっただろうと思う。

夏の炎天下だったが天気にも恵まれ景色もよかったのでとても楽しいツーリングとなった。目的だったソースカツ丼もボリュームがあり味もおいしくて最高だった。

CBR125Rは、どんな所、場所、シチュエーションが合いますか?

フルカウルスポーツモデルということを考えるとやはりサーキットが一番似合うのではないかと思う。とはいえ絶対的な動力性能は持ち合わせていないので地方のミニサーキットが身の丈に合っているのではないだろうか。

レーシングスーツを身にまとってまたがった姿を写真に収めてもらいたいものだ。他のバイクとの走行シーンは経験したことはないが想像するとカッコいいだろうなと思う。

チェッカーフラッグを受けてゴールする勇姿を一度は見てみたいものだ。そしてレースクイーンのお姉さんと並んでいたら最高のシチュエーションではないだろうか。

CBR125Rは、評価すると★いくつですか?またその理由を教えて下さい。

★4つ:かなりいい。どなたにもおすすめできるかも

原付2種ながら中型クラスのバイクと同等の楽しみ方ができる点。日常生活からツーリングまで十分楽しめる。

原付2種というとミニバイクと呼ばれるような小柄な車種が多い中、このCBR125Rはフルサイズで250ccクラスのバイクと遜色ないインパクトを兼ね備えている。

そのため車と一緒に公道を走っていても恐さがあまりないし、原付だという劣等感も感じにくい。

バイク用語辞典管理者

もっちーさんありがとうございました!

CBR125Rの愛車インプレッション、レビュー楽しかったです。

もっちーさんには・・・

CBR125Rは、高速道路を走れないことが痛いと言えば痛いが、それでも下道ツーリングでは十分に楽しむことができる。

車体が軽い取り回しが楽なため、行ったことがない道でもズケズケと進入していけるところは冒険心あるバイカーならうれしいところであろう。荷物を載せられないがリュックを背負えば日常のちょっとした買い物もできる。

・・・以上のようにCBR125Rについて〆ていただきました。

皆さんにもホンダ CBR125Rの良さや、長所、短所、さらには燃費や使い勝手などがわかったのではないでしょうか。

さらに、CBR125Rの気になったところ、逆に弱点など知りたかったことなどが理解できたかもしれません。

あなたのホンダ CBR125Rを考える際、参考になればうれしいです!

The following two tabs change content below.
Ayumi
こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古い!)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

スポンサードリンク

 

愛車レビュー・インプレッション

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る