燃費(燃料消費率)

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

燃費(燃料消費率)

読了までの目安時間:約 3分

 


スポンサードリンク

燃費(燃料消費率)

バイク用語辞典管理者

燃費は燃料消費率のこと。ガソリン1リットル当たりどれだけ走れるかという数値です。燃費は燃料消費率のこと。ガソリン1リットル当たりどれだけ走れるかという数値です。

燃費は燃料消費率のこと。ガソリン1リットル当たりどれだけ走れるかという数値です。排気量、気筒数、走り方によって大きく異なるために一概に「燃費のいいバイクというのは決めつけにくいので、燃費を大きくアピールしているバイクは少ないでしょう。

スポンサードリンク

バイクで燃費といえば今も昔もスーパーカブですね。

バイクのスペックにも必ず燃費は記されていますが、本当に知りたいのは一般道を走って、通常の自分の乗り方でどうなのかということ。

そこでよく用いられるのが満タン法。

ガソリンを満タンにしトリップメーターをゼロにします。

ある程度走ったところで再びガソリンを満タンに。

このときあらためて入れたガソリンの量をトリップメーターが表示した距離数で割ります。

そこで出たのが現実的な燃費となります。

計算式は「走行距離÷補給したガソリン量=○○km/L」となります。

リザーブまで10Lの燃料タンクだと計算がしやすいですね。

ギアの使い方、路面の状況、タイヤ空気圧、積載重量、ライディングの癖など様々な要素が燃費を左右します。

燃費は燃料消費率のこと。ガソリン1リットル当たりどれだけ走れるかという数値です。燃費をよくする方法としては、やたらめったらトップギアに入れればいいというものではありません。

燃費は燃料消費率のこと。ガソリン1リットル当たりどれだけ走れるかという数値です。エンジンとはほどよくトルクの出るあたりの回転数が燃費がよくなります。

状況に応じた、ギアを選択できるようにしておきましょう。

スポンサードリンク

 

一般的な用語

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る