ニュートラルステア

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

ニュートラルステア

読了までの目安時間:約 3分

 


スポンサードリンク

ニュートラルステア

バイク用語辞典管理者

コーナーをバンクさせて曲がる際、バンク角に対して適切な走行、適切な旋回をすることをニュートラルステアといいます。

本来あるべき、自然な動きでコーナーを走る、ということです。

自身が主導権を持ってハンドルを切る、という感覚は捨て、バイクに備わったセルフステアの機能に委ねる、といえばいいでしょうか・・・。

スポンサードリンク

コーナリングではどうしても恐怖や怯みから手や腕、体に力みが生じてしまうようです。

しかしバイクはセルフステアによって自然とコーナーを曲がろうとするマシンなのです。

しっかりグリップを握り、ハンドル操作をするんだ、という前向きさはかえって邪魔になってしまいます。

バイクは、バンクさせると自然にハンドルが切れます。

怖かったり、力が入っていたりでは、このニュートラルステアを妨げるようにハンドルを押さえ込んでしまう。いくらバンクしてもバイクが曲がらない原因となり、初心者ライダーの陥りやすい罠です。

バンクした時コーナーの内側の腕の力をに力が入っていませんか?バイクはハンドルで曲がるのではありません。

曲がろうとするバイクを乗っている人が妨げている場合が多々あります。

バイクが曲がらない人は、上半身の力を抜いてリラックスした状態でライディングしましょう。

因みにコーナーの内側に入って行ってしまうのをオーバーステア、外側に膨らんでしまうのをアンダーステアといいます。

  • 内側に切れ込んで行く場合はオーバーステア
  • 逆に外側へと大回りしてしまう場合はアンダーステア

4輪のアンダーステア、オーバーステアとはハンドルを切ってコーナリングを開始する車とバランスを崩してコーナリングを開始するバイクとでは若干意味合いが違ってきます。

スポンサードリンク

 

ライディング関連

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る