ナックルガード

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

ナックルガード

読了までの目安時間:約 2分

 


スポンサードリンク

ナックルガード

バイク用語辞典管理者

ナックルガードはバイクのハンドルバーに取付けられ、林道などでブッシュなどから手を守るためのプレート。オフ車に多く装着されています。

スポンサードリンク

通常のナックルガードはある身などの金属式で、枠のような形で担っています。片方はグリップエンドに取り付けられ、もう片方はハンドルに取り付けられます。そして、ブレーキレーバーやクラッチレバーを枠のように囲うようなタイプがあります。

また画像のようにプラスティック製でレバーのホルダーに取り付けられているものもあります。このタイプはどちらかというと、風などから手を守るようなものとなります。

新聞屋さんのスーパーカブなどはすごく大きいナックルガードがついています。

これは手を守るのではなく、冬の寒い風をよけるための風よけです。

ナックルガードがあるとないでは、バイクに乗っていられる時間も変わってきます。

スポンサードリンク

 

内装・外装関連

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る