鍛造(たんぞう)

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

鍛造(たんぞう)

読了までの目安時間:約 2分

 


スポンサードリンク

鍛造(たんぞう)

バイク用語辞典管理者 オススメ

鍛造とは金属加工の一つで、ハンマーで叩くなど外部から強い圧力を加え金属内部の隙間をなくし、結晶を微細化し、結晶の方向を整え強度を高めつつ目的の形状にすることです。

非常に強固に作ることができるがコストは高くなってしまいます。

スポンサードリンク

日本刀の製作で、熱した鉄をハンマーで叩き、叩いては熱しを繰り返すのも鍛造です。

ポピュラーな加工法である鋳造と比べると、内部の隙間ができず詰まった状態になるため、より強度の高いものとなります。

鍛造用金型を用いる大量生産向きの型鍛造と、治具などにセットしてハンマーで成型する少量生産向きの自由鍛造があります。

バイクのパーツでは主にトランスミッションなどギアやメインシャフト、カウンターシャフトなどのパーツに使われます。

ピストンやカムシャウト、クランクシャウト、ホイールなどにも使われます。

鍛造はその方法により次の種類に分けることができます。

  • 熱間鍛造:素材の変形抵抗を減少させるために高温で鍛造する。フォージングといいます。
  • 冷間鍛造:常温で鍛造する。出来上がりの製品の寸法精度が熱間鍛造より優れる。コールドフォーミングといいます。
  • 溶湯鍛造:鋳造の改善工法、凝固収縮による鋳巣の発生をふせぐため、半凝固状態で加圧する。

スポンサードリンク

 

バイクパーツや材料

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る