なめる(ネジの頭などを)

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

なめる(ネジの頭などを)

読了までの目安時間:約 2分

 


スポンサードリンク

なめる(ネジの頭などを)

バイク用語辞典管理者

サイズの合わないドライバーを使用したり、ドライバーを斜めにあててネジを回すとネジ山を潰してしまうことがあります。

スポンサードリンク

ネジの頭である六角の部分やプラス、マイナスの溝を工具で削ってしまい変形させてしまった状態。この状態を「ネジをなめる」といいます。

原因としては、サイズの異なる工具の使用やトルク、力のかけすぎなどが挙げられます。

一般的に一度なめてしまったネジは取り外すことができません。この場合、ネジ穴を切りなおすかネジそのものを壊すしかありません。

ネジをなめないようにするには、まずはずそうとしているネジが通常の工具ではずすことができるか判断しなくてはいけません。

ネジをはずす前にネジはずし剤なども売っていますので、使ってみるいいでしょう。

そして、大事なことはぴったりした工具を使うことです。後々の苦労を考えれば工具をキチンとそろえるといいでしょう。有名メーカーの工具ならなおよいでしょう。

実はぴったりした工具は実際にネジを工具を売っているところへ持っていき、現物あわせがいいのですが、外れていないネジを持っていくわけに行きません。

また工具を買ってきてからあっていない時は2度手間、お金の無駄になります。

やはりきちんとした整備をするためには一通りの工具をセットで購入するのが結局は時間やお金を節約できます。

メカニックツールセット両開き

次世代型工具箱「EKR-103」で機能性アップ、収納性アップの 充実のセットです。

スポンサードリンク

 

整備・メンテナンス関連

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る