浅間火山レース

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

浅間火山レース

読了までの目安時間:約 3分

 


スポンサードリンク

浅間火山レース

バイク用語辞典管理者 疑問

昭和30年(1955)11月5・6日、日本で行なわれた初めてのオートバイ・レース日本のモータースポーツの原点となった「浅間高原レース」のこと。

スポンサードリンク

小説「汚れた英雄」のファーストシーンに使われて有名です。

群馬県と長野県の境にある鬼押出し近辺の牧草地(ダート)で行なわれ1周が約19.2Km。
30秒間隔で2台ずつコースインするインターバルスタートでした。(正式名称:浅間高原自動車テストコース)

レース結果は、各ライダーの順位とゴール時の前車との差だけが発表された。レースタイム(トータルタイム)やラップタイムは一切公表されなかった。なぜー?

第1回目のレース結果は、125ccクラスでは、ヤマハの日吉昇、小長谷茂、望月修、岡田輝夫が1~4位を占め、スズキの山下林作、鈴木英夫、神谷敏夫が5~7位、
8位はベビーライラックの幸田で、スズキの市野三千雄は17位、伊藤利一は途中で棄権した。ホンダは完敗。

250ccクラスでは、シャフトドライブのライラックに乗る16歳の伊藤史朗(いとうふみお)が優勝。2位はホンダの谷口尚巳だった。

350ccクラスと500ccクラスは同時にレースが行われた。先に500cc、続いて350ccが、2台ずつ30秒間隔でスタート。

3350ccでは、ホンダの大村美樹夫、佐藤市郎、中村が1~3位を占め、4位に陸王の平田、5位にマシンを押してゴールしたホンダの鈴木義一がはいりました。

500ccクラスは、優勝がホンダの鈴木淳三。2、3位はDSKの井上武蔵と杉山義雄、4位はメグロの松川実でしたが、DSKとメグロは外国製部品の使用により失格となり、キャブトン勢が2~4位に繰り上がりました。

なお、350ccで優勝した大村美樹夫のレースタイムは、500ccで優勝した鈴木淳三より7分41秒も速かったとのことです。

スポンサードリンク

 

バイクの歴史

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る