アッパーカウル

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

アッパーカウル

読了までの目安時間:約 2分

 


スポンサードリンク

アッパーカウル

バイク用語辞典管理者 注目

アッパーカウルとは、ビキニカウル。ヘッドライト周りの小さいカウルのこと。

スポンサードリンク

ッパーカウル(ビキニカウル)といえばこのバイクでしょう。

スズキGS1000S (1979)

輸出車。空冷4ストロークDOHCインライン4。GS1000にビキニカウル装着。

青と白のワークスカラーに塗り分けられ、Fショックには調整式エアサスが装備されていました。

星型キャストホイール+トリプルディスク。

GS1000に比べタイヤサイズが細くなっていて、後輪は17インチから18インチに変わっています。

もちろんエンジンにも手が加えられています。

当時ヨシムラのエースライダーであったウェス・クーリーにちなみ、「クーリーレプリカ」として人気を博しました。

  • スズキGS1000S 1979年
  • エンジン:997cc 空冷4ストDOHC2バルブ4気筒
  • 内径x行程 / 圧縮比:81.0mm × 65.0mm / 12.5
  • 最高出力:90ps(66.0 kw)/8000rpm
  • 最大トルク:8.75kg・m(85.8N・m)/6500rpm
  • 乾燥重量:238kg
  • 参照:https://www.webike.net/bike/669/

スポンサードリンク

 

内装・外装関連

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る