ジャックナイフ

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

ジャックナイフ

読了までの目安時間:約 3分

 


スポンサードリンク

ジャックナイフ

バイク用語辞典管理者

ジャックナイフとは、アクション・ライディングの一つで、バイクの前輪に全荷重をかけロックさせ、後輪を持ち上げるテクニックをジャックナイフといいます。

一見、このテクニックが何かの役に立つのか・・?と思うかもしれませんが、体重移動を体で覚える練習になります。

スポンサードリンク

フロントタイヤをロックさせてバイクのリアを持ち上げるテクニック。

エンドー(またはバーエンドー)とも言います。

体重移動を覚えるための効果的な練習になります。

ゆっくり走ってきて前輪をロックし、リヤタイヤをその反動で持ち上げるようにするのですが、うまく上がらないのはスピードが足りないのではなく、体重移動に問題がある場合が多いようです。

それを勘違いしてスピードを上げることで解決しようとすると、フロントフリップという危険なワザになる場合があるので要注意です。 (もしくはそのまま前転)

ウイリーと異なりエンジンパワーが使えないのでライダーの技量が重要。危険な技なのでキチンとトレーニングをしましょう。

この手のテクニックで初歩的なのが前輪を浮かせ後輪だけで走るウィリー。

ジャックナイフは完全に前輪を止め、その反動で後輪を浮かせますが、そのまま前輪だけで走る技をストッピーといいます。

ウィリーが初歩的なのに対し、ストッピーは難易度が高い技。

ジャックナイフのブレーキングの延長と捉えることもできます。

ジャックナイフの状態で後輪を横に振り出してターンするテクニックに「ジャックナイフターン」というものがある。

トライアルテクニックですが、ジャックナイフができるようになると、わりと覚えやすい技だと思います。

アクション・ライディングはバイクに沢山乗り、練習を積むことで上達していきますが、それ以前にバイク自体に向き不向きがあるようです。

基本的には軽量でパワーのあるタイプ。

また、練習時には自身を守るためのウェア類を着用することも大切です。

スポンサードリンク

 

ライディング関連

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る