車検(バイク・自動車検査登録制度)

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

車検(バイク・自動車検査登録制度)

読了までの目安時間:約 2分

 


スポンサードリンク

車検(バイク・自動車検査登録制度)

バイク用語辞典管理者

二輪車は小型自動車2輪、軽自動車2輪、原動機付自転車の三種に分かれ、排気量が250cc超えのものに緑色の縁のナンバープレートが付けられています。

この排気量250cc超のバイクについては一定の保安基準を満たしているかを国土交通省が検査し、所有権に関する登録を行う車検があります。

正式名称は自動車検査登録制度といいます。

スポンサードリンク

これは、バイクの持ち主を登録し、車両が安全基準を満たしているかを検査する。

国が定める検査を受けることで次の期間内に日本の公道を走ることができる、という検査のことです。251cc以上のバイクは公道を走るのであれば、必ず車検を受けなくてはなりません。

検査の内容は、そのバイクが安全どうか、決められた排気ガス規制をクリアしているかとかいったことを中心に行います。

つまり、バイクが保安基準に適合しているかどうかを国が一定期間ごとにチェックするのが車検です。

バイクを走らせるためには、この検査に合格して有効な自動車検査証の交付を受けなければなりません。

全ての251cc以上のバイクは、ある一定の期間ごとに車検を受ける義務があります。

バイクの車検は自動車と同様、そのタイミングは2年に1度(新車の場合のみ初回3年後)。

これを行わないと、そのバイクで走行することはできません。

車検を行うにはディーラーに依頼するディーラー車検、自分で行うユーザー車検、業者に代行してもらう車検代行があり、ディーラー車検の利用者がもっとも多いです。

費用の内訳は点検や整備、部品交換などの車検整備代金、自賠責保険代金、重量税、そして代行手数料となります。

整備に掛かるのが少なくとも2~3万円から、輸入車などで10万円になることもあり、最近では節約のためにユーザー車検をする人も増加しつつあります。

スポンサードリンク

 

免許・車検・保険・違反

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る