クーラント

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

クーラント

読了までの目安時間:約 3分

 


スポンサードリンク

クーラント

バイク用語辞典管理者

水冷式エンジンの冷却水に用いられる不凍液のこと。

エンジンのオーバーヒートを防ぐために、内部を水が循環し冷却します。

その水がクーラントです。

スポンサードリンク

エチレングリコールが主成分で、LLC(ロングライフクーラント)などといわれるときもあります。

熱くなったエンジンを冷やすわけですから、水は熱せられます。

繰り返し循環し、冷却し続けるためにあるのがラジエーター。

ラジエーターによって一度熱せられたクーラントが冷やされます。

従ってラジエーター液ともいわれ、他には冷却水、LLC(ロングライフクーラント)ということもあります。

昔は単なる水を利用していましたが、冬場の凍結防止のために不凍液を入れる必要がありました。

現在のクーラントはオールシーズン、そのままで使えます。

使用期間が長すぎると劣化し、性能の低下、ひいてはオーバーヒートを招くこともあります。

クーラント液はだいたい2年に1回の交換が必要となります。

エチレングリコール自体は半永久的に変質することはありませんが、長期間使用するとLLCが徐々に酸化して、
経年劣化やエンジンの熱などにより添加剤も消耗し、性能が低下します。

古くなったクーラント液は、ラジエターやエンジンの錆や水漏れ、オーバーヒートの原因となります。

クーラントリザーバータンクをチェック法は・・・

  • エンジンが暖まっている時:リザーバータンクのFULLのラインに液面があれば大丈夫です
  • エンジンが冷えている時:リザーバータンクのLOWのラインより不足していたらリザーバータンクからクーラント液を補充。

クーラント液にはいろんな色がありますが、基本的にはメーカーによって色を使い分けています。

スポンサードリンク

 

エンジン関連

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る