キャブトンマフラー

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

キャブトンマフラー

読了までの目安時間:約 2分

 


スポンサードリンク

キャブトンマフラー

バイク用語辞典管理者

キャブトンマフラーとはバイクの後方に向かって水平にのびるマフラーで、途中で太くなる部分があり、また元の太さに戻るという形状のマフラーをキャブトンマフラーといいます。

名称の発祥は名古屋のオートバイメーカー、みづほ自動車製作所(1923~1956年)が製作したバイク「キャブトン」です。

スポンサードリンク

1930年代に名古屋で営業していたバイクメーカー「みずほ自動車製作所」で作られた車体のブランド名が由来のようです。

のちに、このバイクについていたマフラーのレプリカが出回るようになり、現在までにキャブトンマフラーという形となっています。

「CABTON」の語源は大阪にあった中川幸四郎商店が言ったことで、「大阪中川まで買いに来たれ」「みずほ自転車の販売店に買いに来てください」という英文の頭文字「Come And Buy To Osaka Nakagawa」からとっています。

バーチカルツインエンジンなどのエンジンにはその鼓動がよく伝わり、最高の排気音と振動を提供してくれます。

1927年、当時としては大型の350ccキャブトン第一号が発表され、以後排気量やスペックを変更してのキャブトンシリーズが多く世に出ました。

しかし、小型車需要の波に乗ることができず、1956年に倒産。

キャブトンというバイクは消滅したものの、現在マフラーにその名が残っています。

スポンサードリンク

 

エンジン関連

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る