アール

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

アール

読了までの目安時間:約 2分

 


スポンサードリンク

アール

バイク用語辞典管理者 注目

アールとは英語で半径をradiusと記すことから、「R」とは円の半径を表す言葉として用いられます。

バイクでは、道路のコーナーの曲がり具合を表す際に使います。

高速道路を走っていると、山間のコーナーが連続したところで「R400」「R500」といった標識を見ることがあるはずです。

スポンサードリンク

「R400」は半径400mの円弧、「R500」は半径500mの円弧と同様の曲がりという意味です。

つまり数字が小さくなるほどコーナーはきつくなり、大きいほど緩やかということになります。

バイクレースに使用されるサーキットのコースでは、「R9」「R15」「R20」などといったクラスのコーナーはざらです。

そのレベルのカーブでグイッとU字に曲がったコースをヘアピンコースと呼びます。

R=円弧の半径から、道路のコーナーの曲がり具合の大きさを表すものです。

ちなみに鈴鹿サーキットの130Rは、2002年まではその名の通り半径130mのコーナーでしたが、2003年からは85Rと340Rの複合コーナーへと改修されました。

しかし鈴鹿サーキットの130Rという名称は昔からモータースポーツファンにとって非常に馴染み深いものがあります。そのため現在もこの名前が用いられています。また、私も鈴鹿サーキットのあそこのコーナーは「130R」といいます。ドラマもたくさん生まれているしね。

とにかくバイクに乗り始めると、「カーブ」⇒「コーナ」、「半径」⇒「R」となってしまうわけですね。

スポンサードリンク

 

ライディング関連

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る