バイク用語辞典

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

バイク売るならどこがいい?

読了までの目安時間:約 7分

 


スポンサードリンク

バイク売るならどこがいい?

バイク用語辞典管理者 オススメ

今、愛車のバイクを売ろうと考えているあなた!そうあなたです!

実は、バイクを買ってくれる相手も多様化しています。

バイクを買ってくれる主な相手を列挙すると「バイクショップ」、「買取専門店」、「オークション」、「友人、知人」などになりますが、どの相手に買ってもらうかはバイクを売る目的によって多少変わります。

愛用のバイクを手放す目的で最もオーソドックスなのは、新しいバイクに乗り換えるケースで、この場合は新しいバイクの購入を予定しているバイクショップで今まで乗っていたバイクを「下取り」という形で買い取ってもらうのが一般的です。

理由は新しいバイクに乗り換えるケースでは、それが一番有利にバイクを買い取ってもらえる事が多いからです。

しかし・・・

ネットによりバイク売却先の多様化

ただ最近は乗り換えの場合でも古いバイクは下取りに出さずに、自分でより有利な売却先を探す方も多くなってきました。

バイクを手放す目的にはもうひとつ、「バイクを売って現金化する」というケースがありますね。

現金化したい理由には「もうバイクには乗らなくなった」、「他に買いたいものがあるのでお金が必要」、「借金の返済」など様々あると思いますが、この場合はバイクを売った後は新しいバイクを購入しないので、バイクショップや買取専門店の様な専門業者だけでなく、ネットオークションなども利用する方が多い様です。

そうです!ネットの普及によりバイク売却先が多様化されました!

さらにバイクを専門業者に売る場合でもインターネットの普及で、業者の選択範囲が広範囲になりました。

以前はバイクを業者に売る場合、近隣の専門業者に売るのが一般的でしたが、いまはインターネットを使う事で多くの専門業者の買取価格を簡単に比較することができる時代なのです。

専門業者のサイトにバイクの車種や年式など、最小限度の必要事項をインターネット経由で入力すると、すぐに見積価格が送られて来ます。

しかし、このネット上で出て来る見積価格は、本当にデーターベースなどを参照にしたざっくりとした価格となります。なので、実際に買取業者の方に出張見積りをしてもらうと、半分くらいの値段を提示されることは多々あることおぼえておきましょう。

一度の入力で同時に複数の専門業者に見積もりを依頼出来るバイク売買の専門サイトもありますので、複数の専門業者の価格を居ながらにして比較する事も可能です。

但し、バイクというのは極論すれば毎日買取価格が変わっている商品ですので、バイクを売る時はあまり時間を掛けない様にする事が大事です。

なぜなら年式というものがバイクにはからんできます。

1日違うだけでもそれが今年と去年であれば、数字で見れば1日ですが、年式で見ると1年になってしまいます。

バイク買取業者が注目されているのはなぜ?

いまバイクを売る相手としてバイクの買取専門店が注目されています。

全国的なネットを持つ買取専門店も登場して宣伝活動も活発にしていますので、「バイク買取り」という言葉もすっかりメジャーになりましたね。

あの元ヤンキース松井さんが「バイク王」のCMに出ているなんて、けっこう衝撃的です。

さて、買取専門店の特徴は、バイクを売りに来るお客さんに乗り換えのバイクを売る事は目的とせず、もっぱらバイクの買取りだけを専門にしているところです。

もちろん買取ったバイクはいずれどこかで売らなければ商売になりませんが、少なくともバイクを売る目的でやって来たお客さんが新車のセールス攻勢に会う事は無いので、その点では買取専門店に売るのは気楽です。

さらにバイク専門オークションなどもあり、流通は盛んとなっています。

ネットのバイク買取業者にはちょっとした金額が流れていて、CMなどが行われていることにより注目されるわけですね。

あと・・・あなたもバイクって、そんなに乗らないじゃないですか。飽きられるのも早いし、それだけ売りに出される数も多い。

そういう業界はやはり注目されます。

バイク買取業者の買取の流れ

現在買取専門店の数も増えていて、ちょっとインターネットで検索するだけで大小の買取専門店がヒットします。

業者数は多くても買取専門店がバイクを買取るまでの流れはほぼ同じで・・・

  • 「見積り依頼(仮査定の依頼)」
  • 「出張査定(本査定)」
  • 「契約・買取り」、「代金支払」
  • 「事後の事務処理」

・・・の順になっています。

見積り依頼(仮査定の依頼)は電話かホームページからの申込が一般的です。

買取専門店は多くのメーカーのバイクについて豊富なデーターベースを持っていますので、よほど特殊なバイクで無い限り、バイクの車種や年式などを知らせてもらえば、即座におおよその買取見込額(仮査定額)を提示出来ます。

バイクを売りたい方はその買取見込額を参考にして、以後もそのお店と話を進めるか、又は他の買取専門店を探すかの判断をします。

買取見込額を調べる場合、自分で個々の買取専門店のサイトから見積依頼をしても良いのですが、それが面倒ならばインターネット上にたくさんあるバイク売買の専門サイトを利用するのが便利です。

この様な専門サイトを利用すれば、サイト上の見積依頼書に一度必要事項を入力するだけで、同時に複数の買取専門店の買取見込額を知る事が出来ます。

ただこの時買取専門店から知らされる金額はあくまでも「見込額」ですので、実際の買取価格は査定員が現物を見る「出張査定」で決まります。

まとめ

バイクを売るのがどこがいいかと聞かれれば・・・それは売る方の側から言えば「買取額が高い」ところがいい!・・・そうなりますよね?

では、買取額が高いところはどこか!

はっきりいいましょう。

  • 自分でオークションに出品
  • 個人売買
  • 下取り
  • ネットのバイク買取業者

 

この順番になります。間違いありません。

逆に言えば・・・高い順にバイクを売るのがとても面倒になります。

なので、あなたのバイクの愛着度、またどのくらいのスピードで現金化したいのか、どのくらい手間を掛けることができるのか・・・それらをよく考えて行動をすると良いでしょう!

スポンサードリンク

 

バイクを売る・売却

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る