DOHC

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

DOHC

読了までの目安時間:約 2分

 


スポンサードリンク

DOHC

バイク用語辞典管理者

DOHCはDouble Over Head Camshaftの略

スポンサードリンク

バイクのエンジンのカムシャフトが2つある形式です。

エンジンのシリンダー(混合気が爆発するところ)には燃料を吸気するところと爆発したあとに排気するところが別々にあります。

それぞれのポートはバルブがありそれが爆発のタイミングによって開いたり閉じたりしています。

DOHCエンジンは吸気側のバルブを開くシャフトと排気側のバルブを開くシャフトをそれぞれ別に設けたものをいいます。

SOHCは吸気側と排気側の両方を一本のカムシャフトでまかなう方式です。

両側にカムシャフトがあるので1気筒あたり4バルブ化がしやすい。

ツインカムともいう。現在の高性能バイクはほとんどがDOHCと思っていいでしょう。

もちろんコストがかかるため、スクーターなどはSOHCです。

The following two tabs change content below.
Ayumi
こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古い!)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

スポンサードリンク

 

エンジン関連

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る