DELTABOX(ヤマハ)

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

DELTABOX(ヤマハ)

読了までの目安時間:約 2分

 


スポンサードリンク

DELTABOX(ヤマハ)

DELTABOX:デルタボックス(フレーム)

スポンサードリンク

デルタボックスフレームは、V4エンジンを効率よく車体に懸架する目的で考案されたもので、のちにレース用マシンは勿論のこと、市販スポーツモデルにも採用されるフレームの原型となりました。

1983年のOW70で基本骨格が確立し、以後熟成が図られた。フレームの進化に伴いサスペンションも毎モデル進化しました。

  • ヤマハYZF-R6(新設計アルミ製デルタボックスフレームを採用)
  • 全長×全幅×全高  2,040mm×700mm×1,100mm
  • 乾燥重量  161kg(1人乗り仕様)/162kg(2人乗り仕様)
  • 原動機種類  水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
  • 気筒数配列  並列4気筒
  • 総排気量  599cm3
  • 最高出力  93.4kW(127PS) /14,500r/min
  • 最大トルク  66N・m(6.7kgf・m)/12,000r/min
  • 燃料タンク容量  17.5L
  • 燃料供給  電子制御(ツインインジェクター)
  • タイヤサイズ (前/後)  120/70ZR-17M/C 58W/180/55ZR-17M/C 73W
  • http://www.bikebros.co.jp/catalog/2/106_3/

スポンサードリンク

 

バイクメーカー特有の用語

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る