バイク用語辞典現象やその他, た行 > チャンキング

チャンキング

トレッド(タイヤのパターン面)の剥離のことをいいます。

チャンキングが発生する原因として、バイクを高速走行させることによりタイヤの表面温度が高くなるために起こるトレッドの剥離のことです。

また、スポーツ走行向けのタイヤのように、タイヤのコンパウンドが柔らかいために発生する場合もあります。

バイクタイヤのメンテナンスの不備による原因の時もあります。

特にタイヤの空気圧が低い状態などは要注意です。

特殊な例としてはバイクの加重オーバーの状態で高速走行を行うと、 タイヤの発熱量が異常に上昇しますのでチャンキングが起こりやすくなります。

防止策としては日ごろからのタイヤメンテナンスが重要になります。

タイヤメンテナンスといっても大したことをするわけではありません。 出発時の目視やガソリンスタンドによった時などのチェックなどをこまめにやることがいいでしょう。

最近のバイクはセンタースタンドを装備するものも少なくなりました。この場合は メンテナンススタンド などでリアタイアを持ち上げて、 点検するとよいでしょう。

ちなみにフロントスタンドは単体で使うことはできません。フロントスタンド単体ではバイクを支えることができないので、必ずリアスタンドと一緒に使いましょう。

長期間バイクに乗らない場合もスタンドアップしておくことにより、タイヤの劣化を防ぐことができます。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/280other/post_118.html" target="_blank">バイク用語辞典:チャンキング</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはチャンキングです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.