バイク用語辞典現象やその他, は行 > ハイドロプレーニング

ハイドロプレーニング

ハイドロプレーニングは、特に高速道路、高速走行で起きやすい現象です。

雨の日、または路面に水がたまっている時に高速走行するとタイヤが水面を滑走して、ハンドルやブレーキが全く効かなくなる現象。

路面に雨水などがたまっているときタイヤは溝によって排水し、グリップしています。

しかし、速度が上がりすぎて臨界点を超えた場合、タイヤの溝による排水が追いつかなくなり、ハイドロプレーニング現象が起こります。

ハイドロプレーニングがおきた瞬間、タイヤの回転に合わせて徐々に減速しながらタイヤのグリップの回復を待つしかありません。

ハイドロプレーニングを起こす原因

  • たまっている水の深さ(水たまりが深いほど危険)
  • バイクの速度(スピードが上がるほど危険)
  • タイヤの摩耗(タイヤの溝が減るほど危険)
  • タイヤの空気圧(適正空気圧より低いと危険)

タイヤの溝を測る ことは、簡単にできる日常メンテナンスです。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/280other/post_114.html" target="_blank">バイク用語辞典:ハイドロプレーニング</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはハイドロプレーニングです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.