バイク用語辞典現象やその他, さ行 > シミー現象

シミー現象

ある速度に達するとステアリングが激しく震動するようになるのはシミー現象と呼ばれます。

80km/h以下の比較的低速で発生します。

路面からのショックなどをきっかけに、タイヤのセルフアライニングトルクと操舵系の剛性バランスがくずれ、共振現象を起こしハンドルが振れる状態をいいます。

発生源はフロントの場合がほとんど。フロントタイヤの段減り、ホイールバランスの狂いなどが原因にもなる時もあります。

また、パンクなどの空気圧低下時にも発生する事がある。走行中にシミーが発生した場合、ハンドルをしっかり押さえて減速して、原因を調べましょう。

フロント レーシング スタンド フロント レーシング スタンド

バイクのフロント周りの整備にはフロントスタンド フロント レーシング スタンドが必要です。 折りたたみ式やスタンド差込部のカラーが変更できて色々な車種に対応できるものが非常に便利です。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/280other/post_110.html" target="_blank">バイク用語辞典:シミー現象</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはシミー現象です。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.