バイク用語辞典バイクメーカー特有の用語, K-O > NSシリンダー(ホンダ)

NSシリンダー(ホンダ)

NSシリンダー:ニッケル/シリコン・カーバイドシリンダーの略

NS(ニッケル/シリコン・カーバイド)メッキによって軽量化と耐焼付性、耐摩耗性において格段の向上をはかりました。

このNSシリンダーはNS500のノウハウをそのまま市販車のNS250F/Rに反映したもので、シリンダーの内壁をニッケル素地にシリコン・カーバイド粒子を分散させた皮膜でコーティング処理しています。

そのほかの車種ではNS400Rにも採用されいます。

これにより、ピストンと同素材のアルミ製一体成型シリンダーを実現。

鋳鉄スリーブを持たないので、軽量化はもとより、熱伝導性が良く、放熱効果が向上。

さらに、ピストン、シリンダーそれぞれの熱膨張率が同じなので、温度が変化してもピストン、シリンダーのクリアランスが一定に保たれ、安定したパワーが得られます。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/270bikeword/ns.html" target="_blank">バイク用語辞典:NSシリンダー(ホンダ)</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはNSシリンダー(ホンダ)です。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.