バイク用語辞典バイクメーカー特有の用語, K-O > MR-ALBOX(スズキ)

MR-ALBOX(スズキ)

MR-ALBOX:マルチリブ・アルボックス

フレーム各部にリブを持たせたアルミ角パイプで構成されており、リブ以外の部分の肉厚を減らすことが出来、剛性と軽量を両立させている。

1984年登場したスズキGSX-R400に採用されました。

当時軽量化の技術はスズキの最も得意とする所でもあり、アルミフレームを最も早くマスプロダクション化したことでも知ることができます。

GSX-R400も当然のようにアルミフレームを採用されました。

SUZUKI GSX-R400(1984年)
  • SUZUKI GSX-R400(1984年)
  • Overall Length: 2 090 mm (82.3 in)
  • Dry Weight: 152 kg (334 lbs)
  • Engine type: Water-cooled 398 cc inline-4, DOHC, 16 valves.
  • 59 hp/ 11,000 rpm, 4,0 kg-m/ 9,000 rpm.

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/270bikeword/mralbox.html" target="_blank">バイク用語辞典:MR-ALBOX(スズキ)</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはMR-ALBOX(スズキ)です。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.