バイク用語辞典ライディング関連, ら行 > リーンウィズ、リーンイン、リーンアウト

リーンウィズ、リーンイン、リーンアウト

コーナリング中のバイクに対してのライダーの姿勢を表す。

1983年WGP片山敬済

  • バイク車体の中心線とライダーの体が直線上にある状態をリーンウィズ
  • バイク車体の中心線よりも内側にあるときをリーンイン
  • バイク車体の外側にあるフォームをリーンアウト

基本的な3つの姿勢があります。また、リーンインの発展型としてレースやサーキットなどのフォームとしておなじみのハングオンというフォームもあります。

公道を中心としているなら、どのような状況でも対応しやすいリーンウィズが基本のフォームとなるでしょう。

リーンインはバイクのバンク角よりも内側に体を傾けます。このフォームにより左コーナーなどでイン側が壁の場合は視界が狭くなる場合があります。逆に右コーナーであればリーンインが取りやすい場合もあるでしょう。

いずれにしてもフォームはそのすべてに一長一短があり、もちろん路面の状況、状態などでどの場合は、どのフォームがいいと一概に言えません。

安全運転を基本にして、リーンウィズを基本にいろいろなフォームも取り入れることは、ライディングテクニックの幅を広げるでしょう。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/220riding/post_50.html" target="_blank">バイク用語辞典:リーンウィズ、リーンイン、リーンアウト</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはリーンウィズ、リーンイン、リーンアウトです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.