バイク用語辞典ライディング関連, ら行 > ライポジ、ライディングポジション

ライポジ、ライディングポジション

シートやステップ、ハンドルなどの位置関係から決定される、身体や足、腕の位置、ポジション

正しいライディングポジションをとることで、ハンドル操作がしやすく、視界もよくなり情報も集めやすく、 長く乗っても疲れにくくなります。 だから楽しくて安全なバイクライディングの第一歩は正しいライディングポジションを覚えることから始まります。

フレディースペンサー

  • 目:視線は広く遠くを心がけます。近くを見たりしません。
  • 腕:ステアリング操作が楽にできるように、力を抜いて突っ張らず両脇を少し緩めます。
  • 手:柔らかく添える感じで、アクセル操作がスムーズにできるような角度でグリップを握ります。
  • 膝:両膝でタンクを軽く閉めるようにニーグリップします。
  • 足:すばやいペダル操作ができるように、土踏まずをステップに乗せてつま先をブレーキペダル、 シフトペダルに触れるくらいにしておきましょう。
  • 腰:ハンドル操作がしやすく、膝や足が窮屈にならないシートの位置に腰掛けます。
  • 肩:力をいれず、リラックスした状態にします。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/220riding/post_47.html" target="_blank">バイク用語辞典:ライポジ、ライディングポジション</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはライポジ、ライディングポジションです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.