バイク用語辞典ライディング関連, あ行 > エンジンブレーキ

エンジンブレーキ

アクセルを戻したときに生じる抵抗によりブレーキがかかったようになります。

アクセルを開けたときはエンジンがタイヤにパワーを伝えてバイクは加速します。

逆にアクセルをもどすと惰性で回り続けるタイヤが、回転を下げようとしているエンジンを回そうとして抵抗が発生します。

これがエンジンプレーキの原理です。

もちろん5速よりは4速、3速よりは2速と低いギア比ほどよく効きます。

スクーターはなどはギヤがないので、基本的に使えません。

教習所などで「はい、ここはエンジンブレーキを使いましょう」といったところ「エンジンブレーキのペダルはどこについていますか?」という受け答えはギャグとしてよく使われますね。

自動車などのAT(オートマチック)ではオーバードライブを切ると使いやすい。最近の車では、エンジン回転数が高い状態でアクセルを離すと燃料を完全に遮断し、燃費も節約してくれるものがあります。

昔のバイク、車はブレーキがプアーだったので減速時において積極的にエンジンブレーキを使用することが必要でした。

しかし現在のバイクのブレーキはかなり高性能になり、ブレーキング時において減速時エンジンブレーキを使う必要がないように思われます。もちろん、状況で使い分けるのは必要です。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/220riding/post_122.html" target="_blank">バイク用語辞典:エンジンブレーキ</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはエンジンブレーキです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.