バイク用語辞典レースやサーキット関連, た行 > ダート

ダート

舗装されていない道路、道のこと。dirtは土の意味です。

土砂が堆積したり岩石が露出したところをガレ場、走ると砂利が動いて滑りやすいフラットダート

モトクロスなどでは土や砂などを敷き詰め、人工的にジャンプなどを作った場所をダートコースなどと呼びます。

ダートはミュー(グリップ力)が低いので、低速のコーナリングでも滑り出します。またブレーキも舗装路ほどしっかりとききません。

バイクの練習はダートでやるととてもいい場合があります。もちろん経験者などにキチンと教わらないと、自己流の癖やライディングフォームが付いてします。

また低速走行で、バイクのいろいろな挙動がでますので、経験しておくとライディングテクニックの幅を広げるのに役立ちそうです。

ちなみに競馬では芝のコースに比べダートコースの方が馬の負担がかかり、タイムは遅い場合がほとんどです。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/210circuit/post_67.html" target="_blank">バイク用語辞典:ダート</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはダートです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.