バイク用語辞典電装, あ行 > オルタネーター

オルタネーター

交流式発電器、充電器のこと。

バイクのエンジンの動力をつかい、走行中にバッテリーを充電をする。また、ヘッドライトやその他のライト類の灯火やエンジン点火装置(プラグ)への電力供給も行う機器です。

オルタネーターは交流発電機です。

昔は直流発電機からはじまり、その当時は「ダイナモ」などと呼ばれていました。

そのため今でもダイナモと連呼してしまう古いメカニックさんは多いのですが、オルタネーターはあくまでもオルタネーターです。

昔つかわれた直流発電機よりも交流発電の方が効率は良いのです。

交流電気をオルタネーターに内臓されているICレギュレーターで整流して使っています。

ちなみにICレギュレーターはエンジンが高回転になって必要以上に発電量が増えてもバッテリーに過充電にならない様にセーブし、交流で発電した電気を直流に変換する機能などの役目があります。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/140electric/post_130.html" target="_blank">バイク用語辞典:オルタネーター</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはオルタネーターです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.