バイク用語辞典電装, あ行 > イモビライザー

イモビライザー

バイクのエンジンを切るとエンジンの電気回路を複数の箇所で遮断してエンジンをかからなくするシステムです。

コンピューターの電子的なキーによる照合によって、不正に作られた合鍵を使ってエンジン始動をできなくするものです。

通常のバイク鍵は、キーシリンダーの物理的な噛み合わせによって鍵が合っているかどうかを判断します。

もちろん鍵屋さんで作った複製のキーがあればエンジン始動することも可能です。(私もいくつも作りました・・)

イモビライザーは、キーに埋め込まれたトランスポンダ(電子チップ) の個有のIDコードと車両側コントローラのIDコードを電子的に照合し、IDコードが一致すればエンジン始動ができます。

一致しなければエンジンが始動しないシステムです。

たとえバイクの盗難を狙う犯人が複製したキーでエンジンをかけて走り出すことはできません。

キーのIDは暗号化技術を使った膨大な組み合わせによるもので、現在複製はほぼ不可能とされています。

そのため合カギや配線直結の手口にも極めて有効な安心のセキュリティシステムといえます。

車の場合にはこのシステムは非常に有効です。

しかし、エンジンがかからなくとも持っていかれてしまうバイクの場合は複数の防犯システムをかみ合わせておかないと安心はできません。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/140electric/post_121.html" target="_blank">バイク用語辞典:イモビライザー</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはイモビライザーです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.