バイク用語辞典フレーム・足回り関連, た行 > タイヤ

タイヤ

バイク走行時の衝撃緩和や、安定性の向上、路面とのグリップ確保などを目的に、ホイールにはめ込むゴム製のパーツです。

バイクのタイヤは中空構造をしており、通常、空気や窒素などの気体を注入します。


その使用条件やバイクの車種において

  • ラジアルタイヤ
  • バイアス
  • スリック
  • ソリッドタイヤ

などがあります。

スリックタイヤは主にサーキットで使用される溝のないタイヤです。

空気圧が非常に重要で、気温にも関係してきます。

管理、状態により、ハンドリンクを含めバイクの操縦性に非常に影響を及ぼすパーツです。

自動車用の空気入りタイヤとしては、フランス人のアンドレ・ミシュラン、エドゥアール・ミシュランのミシュラン兄弟が1895年に開催されたパリからボルドーまでを往復するレースに使用したのが世界初です。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/130frame/post_68.html" target="_blank">バイク用語辞典:タイヤ</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはタイヤです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.