バイク用語辞典フレーム・足回り関連, さ行 > サスペンション

サスペンション

路面からの衝撃を吸収するタイヤとバイクの間の懸架部分です。

路面のでこぼこやうねり、障害物などをバイクに伝えない緩衝装置としての機能と、タイヤを路面に対して押さえつける機能を持つことで、乗り心地や操縦安定性などの改善を目的とする機構です。

リアサスペンション

バイクの部品としてはフロント部分はフロントフォーク、バイクのリア部分はスイングアーム+リヤショックがその部分にあたります。

もしサスペンションがなかったら路面からの衝撃が激しすぎてバイクはまともに走りません。特にスピードが上がればあがるほどサスペンションの性能は必要に、また重要になってきます。

サーキット走行においてはそのセッティングによって、ラップタイムに影響する部分です。それは、エンジンの性能がよくても最終的にバイクのパワーを路面に伝えるのは足回りになるからです。

ママチャリにはサスペンションはいらないが、ダウンヒルに使うMTB(マウンテンバイク)にはフロント、リア両方に、ごついサスペンションがついている理由にもなりますね。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/130frame/post_66.html" target="_blank">バイク用語辞典:サスペンション</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはサスペンションです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.