バイク用語辞典フレーム・足回り関連, か行 > キャストホイール

キャストホイール

軽金属合金を鋳造して、一体成形されたホイール。

剛性が高く、スポーツモデルなどに採用されていることが多い。これに対し、針金状の部品を使用してリムとハブを固定するスポークホイールがある。

キャストホイールに対してスポークホイールの利点はスポークがわずかに伸縮する分、ホイールが弾性体になって乗り心地がマイルドになる特性があります。

しかし、スポークホイールのバイクが少なくなってきたのには理由があります。

  • キャストホイールに比べ組み立てに手間がかかって生産性が低い。
  • 旋盤で一気に真円を出せるキャストホイールに比べて精度が低い。
  • リムにスポークを通す穴があいているので空気が漏れてしまうからチューブレスタイヤが使えない。

などがあげられます。

しかし、オフ車を中心にまだまだスポークホイールは活躍する場面もあるでしょう。

ホイール周りチューンナップにキャストホイールは足回りの軽量化、剛性化、そしてなんと言ってもタイヤをチューブレスにできるのです。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/130frame/post_132.html" target="_blank">バイク用語辞典:キャストホイール</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはキャストホイールです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.