バイク用語辞典内装・外装関連, な行 > ナックルガード

ナックルガード

バイクのハンドルバーに取付けられ、林道などでブッシュなどから手を守るためのプレート。オフ車に多く装着されています。

ナックルガード

通常のナックルガードはある身などの金属式で、枠のような形で担っています。片方はグリップエンドに取り付けられ、もう片方はハンドルに取り付けられます。そして、ブレーキレーバーやクラッチレバーを枠のように囲うようなタイプがあります。

また画像のようにプラスティック製でレバーのホルダーに取り付けられているものもあります。このタイプはどちらかというと、風などから手を守るようなものとなります。

新聞屋さんのスーパーカブなどはすごく大きいナックルガードがついています。

これは手を守るのではなく、冬の寒い風をよけるための風よけです。

ナックルガードがあるとないでは、バイクに乗っていられる時間も変わってきます。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/120exterior/post_91.html" target="_blank">バイク用語辞典:ナックルガード</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはナックルガードです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.