バイク用語辞典エンジン関連, か行 > カムシャフト

カムシャフト

バイクのエンジン内で吸気や排気バルブの開け閉めをおこなうための重要なパーツです。

バイクのエンジンにあるカムシャフトが1回転すると、バルブ(あるいは、バルブに連結するパーツ)が押され、バルブが開くような仕組みになています。

給排気のタイミングを決めるバルブタイミングはカムの断面形状(カムプロフィール)に添って高いところでバルブが押し開かれ、低いところではバルブスプリングの力で密閉します。

4サイクルエンジンのカムシャフトは、エンジンが2回転で1回作動すれば良いので、エンジン回転の1/2の回転になります。

  • DOHC:ダブルオーバヘッドカムシャフト、ヘッド上にカムシャフトが2本
  • SOHC:シングルオーバヘッドカムシャフト、ヘッド上にカムシャフトが1本

GSX-R1000用のカムシャフト

ちなみに、ドゥカティのある車種(デスモドロミック:Desmodromic)を除き、バルブが閉じるときにはスプリングの力を利用します。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/110engine/post_88.html" target="_blank">バイク用語辞典:カムシャフト</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはカムシャフトです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.