バイク用語辞典エンジン関連, は行 > ファンネル

ファンネル

キャブレターの吸気側に取り付けるじょうご状のパーツ

ファンネル=funnelはじょうご、ろうとを意味する言葉。

空気を吸い込む効率を浴するために取り付けます。

通常はエアークリーナボックスすに覆われていて外部からは見えない。

ゴミなどの侵入を防ぐためエアークリーナーがついているが、外気を直接取り入れて、ハイパワーをかせぎたいロードレースバイクなどはむき出しに取り付けられています。

これを一般にファンネル仕様と呼びます。

エアークリーナーがある場合は、空気抵抗があります。なので、エアークリーナーボックスをはずしてファンネル仕様にした場合は当然、キャブレーターのセッティングをやり直す必要があります。

バイクのエンジンではキャブレターの空気を吸い込む側に取り付けるろうと状のパーツをいいます。

一般的には吸気する空気の塵やゴミを除去するためエアクリーナーが装着されていますが、フィルターにより抵抗力が働き、吸気の効率は低くなります。

レース時などはエンジンの耐久性などは度外視となり、ゴミや水の侵入を防ぐよりも外気を直接吸い込み、ハイパワーを得ることを優先とするためファンネルが用いられますが、通常公道を走る一般ライダーであればエアクリーナー無しということはリスクを伴います。

ファンネルを採用する際には吸気の効率や状態が変わりますので、キャブレターの調節も必要となります。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/110engine/post_160.html" target="_blank">バイク用語辞典:ファンネル</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはファンネルです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.