バイク用語辞典エンジン関連, た行 > チョーク

チョーク

エンジンが冷えている時始動しやすくするため、キャブレターに組み込まれている機構のこと。

エンジンが冷えている時は、ガソリンの燃焼が悪いです。

そのため、通常の空燃比(空気とガソリンの混合割合)では混合気が燃焼しづらいので、混合気(ガソリンと空気を混合した物)の濃度を濃くしてあげます。

エンジンが冷えている時は、混合気の燃えが悪いです。

そのため、通常の空燃比(空気とガソリンの混合割合)では燃焼しづらいので、混合気(ガソリンと空気を混合した物)の濃度を濃くしてあげます。

具体的な構造は、キャブレター式の場合チョークバルブを閉じ、ガソリンの吸入量を増やし始動しやすくします。

レバーを引くとエンジンがかかりやすくなり、ファーストアイドルが安定します。もちろん走行する際には元に戻しておくことを忘れないようにしましょう。

キャブレター式エンジンでチョークがレバーなどでついていますが現在のバイク(電子制御式燃料噴射エンジン)には、チョークと呼ばれる部品は付いていません。

電子制御式燃料噴射エンジンの場合は、コンピュータが水温センサー等の情報を基に空燃比を濃くしたり、ファーストアイドルを上げたりしています。

そして、エンジンが暖まってくるにつれて、燃料噴射量やアイドル回転数を通常の量に戻します。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/110engine/post_147.html" target="_blank">バイク用語辞典:チョーク</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはチョークです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.