バイク用語辞典エンジン関連, か行 > クーラント

クーラント

水冷式エンジンの冷却水に用いられる不凍液のこと。

エチレングリコールが主成分で、LLC(ロングライフクーラント)などといわれるときもあります。

クーラント液はだいたい2年に1回の交換が必要です。

エチレングリコール自体は半永久的に変質することはありませんが、長期間使用するとLLCが徐々に酸化して、 経年劣化やエンジンの熱などにより添加剤も消耗し、性能が低下します。

古くなったクーラント液は、ラジエターやエンジンの錆や水漏れ、オーバーヒートの原因となります。

クーラントリザーバータンクをチェック法

  • エンジンが暖まっている時:リザーバータンクのFULLのラインに液面があれば大丈夫です
  • エンジンが冷えている時:リザーバータンクのLOWのラインより不足していたらリザーバータンクからクーラント液を補充。

クーラント液にはいろんな色がありますが、基本的にはメーカーによって色を使い分けています。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/110engine/post_135.html" target="_blank">バイク用語辞典:クーラント</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはクーラントです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.