バイク用語辞典エンジン関連, か行 > キャブレター

キャブレター

ガソリンと空気を調合して、混合気を作り出している。

現在バイクでは主流の燃料供給装置。

エアクリーナより取り入れた空気とガソリンで混合気を作りエンジンに送り込むのがキャブレターの役目です。

霧吹きを考えると分かりやすいですね。

4ストロークエンジンのキャブレター(気化器)の原理。

  • シリンダーが下降することにより発生する負圧により、吸気ポートから空気が吸い込まれます。
  • 吸気ポートの先に取り付けられているキャブレターに空気が流れると、その空気量に見合った燃料(ガソリン) が自動的に吸い出される。
  • 適当量吸い出された燃料は、速い流速で流れてきた空気と衝突し細かい粒になる。

以上がキャブレーターによるガソリンの霧化であり、空気と混合されたものが混合気である。

それをエンジン内に送り込む装置がキャブレターである。

厳密に言うと燃料が気化するのはエンジンのシリンダー内に入ってからで、キャブレターの役割は、ガソリンを「気化」することではなく、適当量のガソリンを「霧化」をすることです。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/110engine/post_134.html" target="_blank">バイク用語辞典:キャブレター</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはキャブレターです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.