バイク用語辞典エンジン関連, あ行 > オイルクーラー

オイルクーラー

オイルクーラはエンジンオイル等のオイルを冷却する装置です。

高温になった4ストロークエンジン内や、トランスミッションなどの潤滑用オイルを冷却する装置です。

温度が上がるとオイルの性能はおちてしまうので、冷却水をラジエターで冷却するようにオイルもオイルクーラーを取り付けるとオイルの冷却ができます。

オイルが高温になると油膜が切れて、エンジンが焼き付いたりするので、エンジン出力を上げたり、バイクに過酷な走行が多い場合には必要となります。

エンジンオイルと冷却水の温度はある程度連動していますので、オイルクーラを装着すると水温も下げることができます。

車の場合はエンジンオイル用の他にはミッション、パワステ、デフ用等のオイルクーラーがあります。

バイクの4ストロークエンジンの場合、エンジンオイルとミッションオイルをかねています。 空冷エンジンのオイルクーラーの取り付けはエンジン冷却に非常に有用な時があります。

ただ装着の際、もともとオイルクーラーの着いている車種であれば、オイルクーラーの大きさを変えるなどの変更はできますが、オイルクーラーがついていないバイクはオイルラインがありません。この場合、オイルラインの増設が必要になります。通常はオイルパンなどにアダプターを設置することになります。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/110engine/post_126.html" target="_blank">バイク用語辞典:オイルクーラー</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはオイルクーラーです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.