バイク用語辞典エンジン関連, A-E > DOHC

DOHC

Double Over Head Camshaftの略

バイクのエンジンのカムシャフトが2つある形式です。

DOHC

エンジンのシリンダー(混合気が爆発するところ)には燃料を吸気するところと爆発したあとに排気するところが別々にあります。

それぞれのポートはバルブがありそれが爆発のタイミングによって開いたり閉じたりしています。

DOHCエンジンは吸気側のバルブを開くシャフトと排気側のバルブを開くシャフトをそれぞれ別に設けたものをいいます。

SOHCは吸気側と排気側の両方を一本のカムシャフトでまかなう方式です。

両側にカムシャフトがあるので1気筒あたり4バルブ化がしやすい。

ツインカムともいう。現在の高性能バイクはほとんどがDOHCと思っていいでしょう。

もちろんコストがかかるため、スクーターなどはSOHCです。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/110engine/dohc.html" target="_blank">バイク用語辞典:DOHC</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはDOHCです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.